Inês Telles Jewelryの魅力

Inês Telles Jewelry(イネス テレス ジュエリー)は、2009年、ポルトガルのジュエリデザイナーであるInês Telles(イネス テレス)によって作り上げられたハンドクラフトジュエリーブランドです。

彼女はポルトガル/リスボンにある、美しいアトリエで、数人のパートナーと共に日々、ジュエリーをデザインし、手作業で作り上げます。

 

シルバーの伝統的な加工技術と、イネスの独創的な感性を持って作り上げられたジュエリーは、コンテンポラリーでありながら、どこか心をを和ませてくれる不思議な魅力を持っています。それはまるで、イネス本人の人柄と、彼女のジュエリーに対する深い愛情を映し出しているようにも見えます。

イネスのジュエリーデザイン

デザインのインスピレーションを与えてくれるのは、旅先で出会った貝殻やサンゴ、木の実などの自然のオブジェ。それらはアトリエのあちらこちらにディスプレイされています。そして、彼女が持つ膨大な美術史の知識が、遠い記憶と場所、ポルトガルの歴史と文化に融合し、独創的なデザインの源となります。

ジュエリー本体に使用されるのはシルバー925とゴールド19kという高品質の金属のみです。シルバーのパーツの一つ一つは伝統的な技術で加工され、それぞれ、いぶし銀加工(硫化)や金メッキ加工(24k)を施され、組み合わされて、一つのジュエリーとして命を吹き込まれるのです

Inês Telles Jewelryのデザイン性とクオリティの高さは、サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)のミュージアムストアに認められ、取り扱いをされています。

コレクション一覧はこちらをクリックしてください。

​